舞台裏

ProLighet&ProVisual出展報告 2

2024年5月9日

皆さま、こんにちは!
本日も当社ブログ「マルモの舞台裏」をご覧いただきありがとうございます。

前回よりしばらく間が空いてしまいましたが、営業部営業課松本

ProLight&ProVisual2024

の出展報告その2となります!(前回記事はこちらよりご確認いただけます)

前回ご紹介したEST2の隣は

「LSC-805-WW」

LED照明器具の平凸レンズ(シャープな明かり)タイプの製品になります。

そしてこちらは

「LBC-WB」です。


主に劇場やホールにおいて、舞台やホールを均一に照らす地明かりの役割を担う
ボーダーライトとしてご利用いただける照明機材になります。
近年当社が施工させていただいた新築・改修のホールでも採用され、
これからご覧になる機会が増える製品になると思います。
さて、ここまでが既に販売・製造をしている製品、機器のご紹介でした。

ここからは、現在開発中の製品試作機の展示のご紹介です。


新型のハンガーです。※試作機の為、名前・型名はありません。

舞台照明のハンガーとは、照明器具や演出用機器・装置等をパイプに取り付けるための機材で
どんな機材でも、大抵ハンガーが使用されています。
いわゆる縁の下の力持ちという機材ですね。現在も既製品としては販売されているのですが、
より使いやすいハンガーを製品化する為に、お客様の意見をいただきたく、今回試作品の展示を
いたしました。
お手に触れていただいた方、いかがだったでしょうか?
忌憚ないご意見をお待ちしております。

新型RIKURI2(LED)です。※写真の都合青く見えていますが、実際の灯体色は黒色です。

全国的に好評販売しておりました、当社製品RIKURI2(ハロゲン)のLED化製品です。
今回の展示では比較できるように、既存の製品RIKURI2(ハロゲン)と並べて展示をしました。

エリプソイダルスポットというスポットライトで、俗にカッターライトとも呼ばれています。
舞台で「カッターを仕込む」と言われると、文房具のカッターではなくて……この機材を準備する、
という意味になります。

特徴としては、灯体に4枚の羽根がついており、これを開けたり閉じたりすることで、
本来出る円形の明かりが四角や三角に変化して明かりを出すことが出来る為、看板当ての明かり等に
よく使われます。また、GOBO(ゴボ)と言われるタネ板を照明器具に入れることができ、これを入れると……

模様を出すことができます!!
※羽根を使って明かりを四角にしています。

以上が、展示品の紹介でした。

今回のProlight&ProVisual2024では約6,750名の方が足を運んでくださったそうです。

当社のブースにも多くの方に足を運んでいただき、製品を見て、触って、お話しをいただきました。
ご来場いただきました皆様に心より感謝申し上げます。

このように機材交えてお客様のお話しを伺う機会は、そんなに多い訳ではありません。
当社としても、

貴重な御意見を糧により良い製品開発を目指すべく、日々精進してまいりたいと思います

今回残念ながら、製品を見れなかった!という方は、お近くの営業所または、丸茂電機社員まで
お問合せください。
製品のご説明やデモンストレーションを随時受付けております。
是非、お気軽にご連絡をください!

また皆様に製品をご覧いただける機会を楽しみにしております。

営業部営業課 松本 俊

棚卸のお知らせ

2024年3月22日

皆さま、こんにちは。
本日もマルモの舞台裏をお読みいただきありがとうございます!

3月も残すところあと僅かとなりました!
桜の開花もちらほらと、良いお天気が続いていますね。

さて私共、丸茂電機はこの3月を締めくくりの月としています。
それに伴い、下記日程において棚卸をさせていただきます。
この棚卸の期間中は製品の出荷が停止となりますので
ご注文時はお気を付けください。

皆さまには大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解ご了承の程、
何卒宜しくお願い申し上げます。

3月27日(水) 当日出荷分締切 午前11時

3月28日(木) 終日棚卸の為出荷停止(ご注文の受付は可能です)

3月29日(金) 終日棚卸の為出荷停止(ご注文の受付は可能です)

4月 1日(月) 通常出荷

※3月27日11時から3月31日までのご注文は4月1日以降の出荷となります。

ProLighet&ProVisual出展報告

2024年3月15日

皆さま、こんにちは!
本日も当社ブログ「マルモの舞台裏」をご覧いただきありがとうございます。

このブログでは初登場になります、営業部営業課の松本と申します
入社1〇年、今年本厄……すっかり中年のおじさんになってしまいましたが(笑)
そんなおじさんの記事に少しでも目を通していただければ幸いです。
さて本日は2月14日~16日に、東京ビッグサイトで開催された、

ProLight&ProVisual2024

の出展報告をさせていただきます!

風は少し強めですが天気に恵まれた東京ビッグサイト。

展示にあたり、仕込み(本番前の準備作業のこと)を13日に行いました。

ここから設営がスタートします。

機材が搬入され、着々と設置。

設置完了。

点灯や動作のチェックを行います。
……と、こんな様子で仕込みを行いまして、出来上がったブースがこちらになります!
                  ↓ ↓ ↓

では今回展示いたしました機器を、ご紹介いたします。
小規模演出空間向け小型操作卓『PRELUCE2s』

小規模のホールや公民館などでもお使いいただけます。
今回の展示会では、LED展示照明器具の調光コントロールを兼ねて展示しました。

次に、『PRELUCE2s』よりさらに簡易で、学校の体育館や簡易ステージまでお使いいただける
小型調光操作卓『EST2』です。

従来の『EST』からシーン機能を追加し、更に使いやすく、お求めやすい価格で
モデルチェンジしました。
隣に展示されているのは以前より販売しております『LSC-805-WW』
LED照明器具の平凸レンズ(シャープな明かり)タイプの製品です。

本日は仕込みの様子と照明操作卓についてのご紹介でした。
少し長くなりましたので続きは次回に!

年末年始休業のお知らせ

2023年12月26日

早いもので令和5年もあとわずかとなりました。
年末に差し迫ったこの折に冬らしい季節を感じられることに若干の安堵を感じます。
こちらをご覧くださる皆さまも、年末年始のご準備に忙しくされているのではないでしょうか?

さて、当社では本年も下記の通り年末年始の休業を実施させていただきます。

ご繁忙の折お客様には大変ご不自由、ご不便をおかけいたしますが
ご理解ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

休業期間: 令和5年12月29日(金)~令和6年1月4日(木)

年内最終出荷は 12月27日(水)正午までのご注文分とさせていただきます。
12月28日(木)の出荷はできませんのでご了承ください。
年末年始の期間は、交通事情等により着荷日が前後する可能性がございます。
年明け1月5日は通常営業となります。

末筆になりますが
本年も丸茂電機をご愛顧下さり誠にありがとうございました。
皆さま、健やかに良い年をお迎えくださいませ!

高校演劇 6

2023年9月19日

皆さま、こんにちは!

本日も当ブログをお読みいただきありがとうございます。

気が付けば9月も半ば。暦の上では「秋」とはいえ……暑さ厳しい初秋です。
が、暑かろうとそうでなかろうと秋といえば芸術の秋!
学生の皆さまにとっては文化祭シーズンですね。
その、準備や本番に力を注がれていることと思います。
さて、今回のマルモの舞台裏は恒例の高校演劇応援企画です!
(過去記事はこちらでお読みいただけます。)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

皆様初めまして。
この春より丸茂電機に入社しました、管理本部(総務課)の後藤と申します。

今回、高校での演劇部の活動を振り返る機会をいただき筆をとりました。
まず初めに、私自身と演劇について軽くご紹介させていただきます。

私が初めて大きな劇場での演劇に触れたきかっけは、
修学旅行で観た劇団四季様の「ライオンキング」でした。
このブログを読んでくださっている方の中にも、
「私も観た!」という方がいらっしゃるのではないでしょうか。
TVや映画館で観るコンテンツとはまた違った音の圧や振動、舞台上の動きを感じる風、
そして多彩な光の演出に、大変感動したことを覚えています。
(実はそんな劇団四季様の劇場照明設備も、当社が携わったものになります。
ぜひこちらのページもご覧ください。)

もっと演劇に触れてみたい、と高校では演劇部に入部し、
学内外の公演や大会への出場をする中で、一番長い時間携わったのが照明部署での活動でした。

その後大学に進学し、舞台照明デザインを専攻するゼミに所属。

その当時の活動の一部を写真でご紹介します。                                    

丸茂製の照明卓の指導や、スタジオ設備の定期点検などでお世話になったことが縁となって入社するに至ります。

そんな私の高校演劇部時代について、今改めて振り返ると、
当時学業と同じくらい部活に打ち込んだ慌ただしくも楽しい日々が思い起こされます。

舞台は総合芸術

とも呼ばれるように、演者をはじめ照明、音響、大道具、衣装、制作など、
各部署の連携によってはじめて作品が出来上がります。

当時、私は照明と制作の間のような立ち位置で、
先輩の描く図面をもとに大道具部署と使用するバトンの打ち合わせ(時に取り合い)をしたり、
舞台監督と顧問の先生と一緒に劇場での搬入・照明仕込みの流れをシミュレーションしたりするのが
主な仕事でした。

舞台特有の用語や各部署の要望に翻弄されながらも、部室、たたき場、職員室など校内を駆け回って
公演の準備をしていたことが思い出されます。

それでも実際に劇場に入ると、どこかしらでイレギュラーは起こるものです。
仕込みの遅れにはじまり、部署間の連携がうまくいかない、選んだフィルターの色が理想のイメージと違っていた、思ったように明かりが出ない等、技術的にも表現的にも様々な課題が発生しました。
そんな時はいつも、劇場スタッフの方々のアドバイスに助けて頂きました。
技術問題の解決から、制作・タイムスケジュールへの助言、時にはびっくりするような体験談等々、
普段なかなか聞くことができないプロの方々の言葉や励まし、また仕事に向き合う姿勢は、
当時の私の視野や知識を大きく広げる機会を与えてくれました。

演劇部に入ったことで、劇場の裏側という普段立ち入らない場所を知ることになり、
公演を行う中で劇場は数多くのプロフェッショナルな方々によって支えられていることを実感しました。

こうしてただ観客としての非日常であった劇場が、活動を重ねるごとに現実的な憧れの場になっていきました。
演劇部での活動に協力してくださる多くの方々が当時かけてくださった言葉は、
その後の大学生活と、今これからの社会人としての活動の背中も押してくれています。

現在演劇部で活動なさっている学生の皆さんも、劇場の裏側へ足を踏み入れる際には、

ぜひ劇場を形作る様々な要素を見て聞いて、
その面白さを存分に体感してみてくださいね。

そこで得た気づきや経験が、充実した演劇部生活の一助となりますように!

皆様のご活躍を応援しています!

夏季休業のお知らせ

2023年8月7日

皆さま、こんにちは。
本日も当ブログをお読みくださりありがとうございます。

夏真っ盛り!!
「危険な暑さ」という言葉に、危険を感じるほどの暑い夏。

皆さん、お元気にお過ごしでしょうか?

この暑さですので
冷たい飲み物がとてもおいしく感じるので
ついつい冷えた飲み物や、水分不足を懸念してお水を飲みすぎてしまいますね。
けれども、このような行為はかえって胃腸の働きを弱めてしまい、
栄養の消化吸収がうまくできず、夏バテを促進させてしまうそうなのです。

水分補給は量より頻度。
1回でに身体が吸収できる水分量は200mlほどという事ですので、渇きを感じる前にこまめに(冷たすぎない)水分を、
そして塩分、糖分も補給してくださいね。

さて、当社では今年も、下記のように『夏季休業』を実施させていただきます。

休業期間(全社一斉): 令和 5年8月11日(金)~8月13日(日)

山梨工場一斉休業(工場のみ): 8月14日(月)

休業期間中、製品は出荷停止とさせていただき、8月15日(火)より通常出荷いたします。
(8月14日につきましては工場のみ休業のため出荷は致しかねますがご注文の受付はいたしております)

大変ご迷惑をおかけいたしますがご理解ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

ご不明な点などがございましたら、当社最寄りの営業所までお気軽にお問合せください。

それでは、引き続き皆さんの夏が思い出深い良い夏となりますように!



技術センター紹介

2023年7月18日

皆さま、こんにちは。
本日も本ブログ、「マルモの舞台裏」をお読みいただきありがとうございます。

不定期企画として、当社各営業所を紹介する連載記事。
残る事業所もあとわずかとなってまいりました。
今回は当社技術センターの紹介です。
ここは以前に「マルモデンキノヒミツキチ」でも紹介しましたが、
技術センター所属の私、北村が少し違った視点からも紹介したいと思います。

丸茂電機の技術センターは羽田空港と京急蒲田の間、「大鳥居」という、
知る人ぞ知る、
といった場所に建っております。

駅の西口から降りて会社へ向かうのが最短ルートです。

会社の屋上に大きな看板がかかっているのですが

この駅西口からのルートだと当社の看板は全く見えないので働き始めて
しばらくたってからこの看板を知ったという人もいました。

 実は正面からでも看板には気づかない可能性があります。                 

さて、ホームページの紹介にもあるようにこちらでは調光器、調光操作卓、アプリケーション、スポットライトの開発・設計などを行っています。
また納品する物件に合わせたカスタマイズ製品や新規製品の設計開発を
行っている部署もあります。
来社された方はご存知と思いますが、広いスタジオや展示室があり実際の
機器を見ることも可能です。

会社の中にスタジオがあるっていうのはとても不思議な感覚ですね。         

設計や開発をしている職場は他の一般的なオフィスと同じように見えますが
ちょっと部屋に入ると電子部品、基板、半田、オシロスコープなどが
雑然と置かれている実験室もあります。

一見するとごく普通のオフィスそのものです。                  

開発中の最新の機種があるのは勿論ですが、倉庫には何十年も前の機種も
保管しています。お客様に大事に使っていただいた装置の部品等はできる限り動かせる形で残しています。

昔の回路や設計コンセプトをたどっていくことで新しいものに活かせることも多々あるので、大事にしていきたいですね。

技術センターを出ると近所には公園があり、
桜の季節にはとてもきれいな花を咲かせます。

以前は器具の照射実験と称して花見を行うこともありました。
このように開発課ならでは?なこともやっています。

技術センターでは実機をもって明かりを見ることもできますので
なにかご相談がありましたら、最寄りの営業所にご相談ください。

技術センター 北村


カタログNo.41発行のお知らせ

2023年6月8日

皆さま、こんにちは!
営業部の大竹です。
本日も当ブログをお読みくださりありがとうございます。

本日は、短冊形カタログ(兼、価格表)の新版発行のお知らせです。
No.41となる今回は表紙が黒色となりました。

※全体的にスッキリした印象です。                                

No.39が若草色、No.40が柿色そして今回が黒色!
以前のカタログをお持ちの方は3冊並べてご覧になってみてください。

なんと!歌舞伎の定式幕のような風合いに!!
と、ほんの少し遊び心を持ちながら発行された今回の新カタログです。

ちなみに定式幕とは「いつも使う幕」という意味を持つそうです。
(歌舞伎では色々な幕を使用する為❝いつも❞使う幕、という考え方に
なるのだそうです)

当社HPは既に更新済みですので、カタログ掲載の機器についてはHPからも
ご確認いただけますが、「カタログはやはり手に取って読みたい」とご希望の
お客様には郵送いたします!!

全国の最寄りの営業所(クリックすると一覧ページが開きます)
までお気軽にご連絡くださいませ。

GWのお知らせと照明について知りたい方へ書籍紹介

2023年4月26日

皆さま、こんにちは。
本日もマルモの舞台裏をお読みいただき、ありがとうございます。
(後半にはゴールデンウィークの営業についての記載がございますので最後までお読みいただけると嬉しいです)

新年度も明けゴールデンウィークも目前となりました。
新緑のまぶしい、良い季節ですね!
コロナ禍中であったこの数年に比べ、今年は屋内外での催しもだいぶ増えてきました。

今年のゴールデンウィークが皆様にとってより一層、豊かな時間が流れる期間となったら素敵だなと思います。

今日は舞台照明関連の書籍のご紹介です!
公益社団法人日本照明家協会様から発行されている『舞台・テレビジョン照明 基礎編2021』 です。

204ページにわたるこのテキストには、そのタイトル通り舞台照明と映像の照明に関する
基礎知識や技術が概論から詳細まで、また劇場史、テレビ史、照明家としての仕事のプロセスなどに
至るまで幅広く解説されています。

また、2021年度版については現在の技術革新を踏まえて大幅に改定されていて照明家として
活動する為に知っておきたい様々な事柄が述べられています。

そう!普段照明に携わっていてもなかなかじっくりと
触れることのできない座学的な知識も盛りだくさんなのです!!

さらに、こちらは公益社団法人日本照明協会様認定「技能認定試験2級」のテキストにもなっています。
これからその道を志す、未来の照明家のタマゴの皆さまにもぜひ、手に取っていただきたい一冊です。

こちらの書籍は公益社団法人日本照明家協会様のHP(←こちらをクリック)でご購入いただけます。

春先は何か新しいことを始めたくなる季節でもあります。
改めて演出照明について知ってみるのも良い機会かもしれません。

さて、当社の本年のゴールデンウィークについてのお知らせをさせていただきます。

当社の営業につきましては下記をご参照ください。

                 

休業期間   令和5年 4月29日(土) ~ 令和5年 4月 30日(日)

令和5年 5月  3日(水) ~ 令和5年 5月 7日(日)

※5月1日(月)・5月2日(火)は、通常営業いたします。

それでは皆さま!素敵なゴールデンウイークをお過ごしください!!

棚卸のお知らせ

2023年3月9日

皆さま、本日もマルモの舞台裏をお読みいただきありがとうございます!

3月も半ばに差し掛かってまいりました!

春を感じる良いお天気が続いています。
3月といえば企業も学校も年度の締めくくりの月。
しっかり区切りをつけて新たな気持ちで新年度を迎えたいですね。

さて私共、丸茂電機も3月を業務の区切りの月としており、
この度、下記日程において棚卸をさせていただくことになりました。
それに伴い製品の出荷を停止させていただく期間がございます。

大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

3月29日(水) 当日出荷分締切 午前11時

3月30日(木) 終日棚卸の為出荷停止(ご注文の受付は可能です)

3月31日(金) 終日棚卸の為出荷停止(ご注文の受付は可能です)

4月 3日(月) 通常出荷

※3月29日11時から3月31日までにいただいたご注文につきましては
 4月3日以降の出荷となります。

ページトップへPage Top