舞台裏

東京メトロ銀座線神田駅より 本社へお越しのお客様へ

2017年3月7日

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

現在、東京メトロ銀座線 神田駅の改良工事に伴い、
本社 目の前にある銀座線の5番出口が
2017年10月下旬(予定)まで閉鎖されており、
ご利用できません。

銀座線神田駅より本社までお越しの際は、
お手数ですが、3番出口もしくは6番出口をご利用ください。

何卒宜しくお願い申し上げます。

map_tokyo_blog

HISTORY 10 【最終回】日本の文化芸術振興と共に

2017年3月3日

皆さま、本日も当ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

本日3月3日は当社の創立記念の日となります!

本年もまたこの日を無事に迎えられましたのも皆さまのお力あってのこと。
私共は創立より日本の文化芸術発展の一端を担わせていただいておりますが
なお一層、励んでまいりたいと存じます。

第1話 は コチラ
第2話 は コチラ
第3話 は コチラ
第4話 は コチラ
第5話 は コチラ
第6話 は コチラ
第7話 は コチラ
第8話 は コチラ
第9話 は コチラ

 

さて、皆さまに当社のことを知っていただき、親しみを持っていただければ
と掲載してまいりました社史ですが、今回で最終回となります。
全10回のご愛読ありがとうございました。
今回も最後までごゆっくりお楽しみください。

 

『昭和30年に高校演劇指導者講習会が開かれることになった。
これを発端としてその後全国各地の高等学校では“文化活動としての演劇”
が盛んになっていった。

大会やコンクールが各地方で開催されるようになると講堂や体育館にも
舞台照明を設備するという学校が年々増えてきた。

また、ホテルや旅館も宿泊だけでなく宴会場などの多様な機能を
兼ねはじめ、演出照明設備が必要となってきた。

昭和40年代は万国博覧会の開催に伴うパビリオンの建設や、
公共事業が盛んとなり全国各地で劇場などの文化施設
の建設がなされるようになった。

テレビ放送は開始されて以降目覚ましい進化を続け演出照明の需要はますます
高まっていた。

こうしたさまざまな要素が折り重なり調光装置を始め、舞台照明設備の技術
は更なる進化を遂げていった。
昭和50年代後半に入り文化活動がますます勢いを増してくると
全国あらゆる都市で文化施設の建設をに拍車がかかっていった。

当社は会館の規模の大小を問わず、その施設、目的にあわせ
最新技術を投入した記憶付の照明操作卓から手動の照明操作卓まで納入していった。

その流れの中、東京大田区の機器開発及び電子関係の業務を担っていた
“東京工場”の敷地を京浜急行電鉄に用地提供するのを機に新たに昭和61年(1986年)
実験スタジオや照明器具からソフトウエアの開発に至るまでの設備を
兼ね備えた“技術センター”を新築することとなった。
また第二次世界大戦の東京大空襲でも奇跡的に焼けることなく残っていた
本社社屋は老朽化がすすみ創立70周年を機に平成2年(1990年)新社屋に
建替えとなり現在に至っている。

白熱電球の発明からわずか139年あまり。
現在、照明器具の光源としてはLEDの採用が目立つようになり、
調光もデジタル信号を使用したシステムを採用するようになっている。

ハード(舞台周辺機器)の進化がソフト(上演作品)の多様化を産み
またソフトの多様化がハードの進化を促して日本の文化芸術は発展を
遂げてきた。

当社は今後も文化芸術を愛し感動する心を大切にしながら次世代の
舞台、テレビジョン照明設備の発達を促しながら社会貢献をしてゆきたいと
考えている。』

名古屋営業所紹介

2017年1月12日

皆さま、こんにちは。

2017年も開けて早1週間となりました。

本年一年が皆さまにとりまして益々のご活躍の年となりますようお祈り申し上げます。
当社も社員一丸となりまして、皆さまの舞台を一層明るく照らし出すべく
日々努めてまいる所存です。

さて、新年初回の記事は、当社名古屋営業所の紹介です!
(前回は仙台営業所を紹介いたしました。)

全国各地に拠点を置く営業所は地域独特の雰囲気があります。
そのような空気を感じつつお読みいただけると嬉しいです。

 

 
~・~・~・~・~・~・~・

みなさんはじめまして、名古屋営業所の小松です。

2017年も開けてしばらく経ちました。
みなさんも、既にお仕事や学業、クラブ活動ときっと気持ちよくスタートを
切ったのではないかと思います。

もちろん、僕も今年一年ますます頑張りたいと思います!

 

さて、今回は、僕が所属する名古屋営業所を紹介させて頂きたいと思います。
場所は、名古屋の中心街の栄の中日ビル内にあります。
このビル内には中日劇場があり、当社の舞台照明設備を納入させて頂いています。
このように劇場が施設されているビル内にオフィスがある営業所は、
全国でも、ここ名古屋営業所だけです。

一昨年5月に10階から8階へ引っ越ししまして、長年慣れ親しんだオフィスから
心機一転、新しいオフィスへと変わりました。

%e5%85%a5%e5%8f%a3

 

 

 

 

 

 

 

写真は、新しいオフィスの入口です。
看板を照らすのは、当社のLED照明器具のLEF2です。
本来の使用方法とはもちろん違いますが、低電力で明るいLED器具はこのようにも
使えて便利です。
オフィス内部は、こんな感じです。

%e5%86%85%e9%83%a8

 

 

 

 

 

 

 

私たち社員は、日々このオフィスで頑張っています。
名古屋営業所の担当エリアは、愛知県、三重県、岐阜県、静岡県西部の東海地方
そして、新幹線の開通で活気に溢れている富山県、石川県、福井県の北陸地方、
他には長野県の飯田市になります。

舞台照明をお使いの上で、お困りのことがあればお気軽にご相談下さい!

 

最後に、いつもお世話になっている中日ビルについて少し紹介します。

中日ビルは、地下鉄と直結した利便性の高い、名古屋でも有数の老舗のビルです。
私たちのような一般企業がテナントに入る他、劇場やショッピング施設、
レストラン街が100店舗以上軒をつらねてちょっとした街のようです。
環境に恵まれているので、名古屋営業所の社員は、地下二階のレストラン街で、
昼食をとることが多いです。

駅に直結の便利なビルなので雨の日は、混雑することもあります!

私のオススメは、「あんかけパスタ専門店」です。「あんかけパスタ」は、名古屋メシの一つです。
スパイシーな独特のソースを、スパゲティに絡めて食べます。

%e3%83%91%e3%82%b9%e3%82%bf

 

 

 

 

 

写真は、オーソドックスなメニューの「ミラカン」です。ミラカンは、ソーセージと
ピーマン、玉ねぎを炒めたものに、トマトの微塵切りがのったパスタです。
他にも、トンカツやホウレンソウとベーコンのソテーなどバリエーション豊かです。
名古屋メシは、ひつまぶしや味噌カツ、味噌煮込みうどんとたくさんありますので、
名古屋へお越しの方は、一度「あんかけパスタ」食べてみてはいかがでしょうか?

食べ物以外にも名古屋城など名古屋名物は色々あります。
名古屋にお越しの際は、ぜひ当営業所にお立ち寄り下さいね!お待ちしています!

年末年始のお知らせ

2016年12月29日

みなさま、いつも大変お世話になっております。

2016年も残すところあとわずかとなりました。

当社におきましても、年末年始のお休みをいただきます。

2016年12月30日より2017年1月4日までをお休みといたしまして

2017年1月5日より年明けの営業を開始いたします。

本年もみなさまにお支えいただき、1年を終えることができました。

心より御礼を申し上げます。

どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

国際劇場産業展に出展しました。

2016年12月15日

12月6日(火)~8日(木)に東京ビッグサイトにて行われました、

国際劇場産業展は大盛況のうちに終了いたしました。

 

期間中は新製品の小型LEDスポットライト「LSF-503-WW」をはじめとした

各種LEDスポットライトやLEDフラッドライトを展示し、

数多くのお客様が弊社ブースにお立ち寄りくださいました。

 

年末のお忙しい中、ご来場くださいましてありがとうございました。

 

theatex01

 

 

 

 

 

 

 

 

theatex02

国際劇場産業展のご案内

2016年11月24日

来たる12月6日(火)~8日(木)に東京ビックサイト 西4ホールにて

『国際劇場産業展』が開催されます。

 

( 一社) 日本劇場技術者連盟 が主催するこの展示会は

国内の劇場・ホール・舞台向け設備・サービス事業者が一堂に会し、

各社の最新機器の展示、サービスの紹介などが行われます。

期間中、劇場技術や運営、制作、建築に関わる専門家の無料セミナーも多数開かれ、

劇場を取り巻く最新事情や様々な知識を手軽に習得できるイベントとなっております。

 

弊社もこの展示会に出展し、新製品の小型LEDスポットライトをはじめとした

各種LED機材やLED制御機能を備えた調光操作卓『PRELUCE 2』を

展示いたします。

 

年末のお忙しい時期ではございますが、ぜひ会場までお越しください。

 

【会場】

東京ビックサイト 西4ホール 小間番号 15-22

≪最寄り駅≫

りんかい線 「国際展示場」駅より 徒歩約7分

ゆりかもめ 「国際展示場正門」駅より 徒歩約3分

 

【開催日時】

12月6日(火) 10:00~17:00

12月7日(水) 10:00~17:00

12月8日(金) 10:00~16:00

 

詳しくは、国際劇場産業展のホームページをご覧ください。

http://theatex.jp

 

HISTORY 9

2016年10月1日

皆さま、いつも当ブログにお越しくださいましてありがとうございます。
ゆっくりペースで進めております、当社の成り立ちを皆さまにご紹介
させていただくこのシリーズも、今回で9回目。

今日は新型調光器をテレビスタジオを皮切りに日本の名だたる劇場へ
納入してゆく舞台照明革新期のお話です。

第1話 は コチラ
第2話 は コチラ
第3話 は コチラ
第4話 は コチラ
第5話 は コチラ
第6話 は コチラ
第7話 は コチラ
第8話 は コチラ

をご覧くださいね。

では、スタートです!

日本経済が復興し、国民の生活水準の向上に伴いテレビという大衆的映像文化
が目覚ましい発展を遂げる時代がやってくる。

昭和26年テレビジョン実験放送が実現すると当社でもアメリカやヨーロッパの文献
を頼りにテレビスタジオ用の照明の研究が開始された。
NHKでは昭和29年に本放送を始めるに当たり、国内産の機材でテレビスタジオ
を作ろうという機運が高まり、照明設備については当社で担当することになった。
舞台照明で培った技術を基に、実験放送開始からほどなくして取り組み始めた
スタジオ照明の研究成果を存分に発揮することができた。

以後、NHKに次いで開局するテレビスタジオ照明においても当社は業務を通じ
貢献してゆくこととなった。

劇場界においても丁度その時期、現代科学と技術の粋を集めた劇場建設の計画が
立ち上がり日生劇場の建設が始まった。
日生劇場は外国の一流劇場で当時採用されていたサイリスタ方式(シリコン製の
半導体素子により大電流を制御する整流器を利用した調光方式)の調光装置
を取り入れた。

多数の場面を事前にセット出来るこの方式は照明の変化を瞬時に行えるなどまさに
最先端の技術が導入された設備であった。

技術部門の責任者であった吉井澄雄氏(現 公益社団法人日本照明家協会名誉会長)は
著書『新劇と私の数十年』の中で次のように記している。
「当時の劇場、ホールの貧しい照明設備では、とても自分が考えているような照明は実現
できそうになく、また、それを改善する力もなく、
その方途もすぐにみつかりそうもなかったからである。 (中略)
その頃のテレビ局はアメリカの技術に追いつくために、最新のエレクトロニクスの
情報を取り込むのに大量で、その中には欧米の新しい技術資料もかなりあって、
門前の小僧よろしく自分の糧にしてしまった私は、こうした照明の設備や器具を何とか
劇場に採用できないものかと夢見ていたのである。」

サイリスタ方式の調光装置は後に建設された国立劇場や解体・建設される帝国劇場など、
ほとんどの劇場に採用されることとなる。

明治年間から建設の話が持ち上がりながらも実現に至っていなかった国立劇場建設、
明治44年の開場以来、日本文化の殿堂であった帝国劇場の解体・建設は同時期の
出来事である。当社にとっては喜びの多い仕事であり責任の重大さに身が引き締まる
思いであったと当時の関係者は話している。

昭和42年にはこれからの時代を担う若い世代の人々に、舞台照明の知識の向上
や認知の拡大の助けになるようにと“丸茂ライティングニュース”を発刊。
(バックナンバーはコチラ)舞台照明にまつわる様々な情報や知識のわかり易い
解説は学校演劇に携わる人やアマチュア演劇に携わる人々などにも広く読まれ、
好評を博していた。

このように、実際の建設業務だけでなく舞台照明を一般に浸透させようと
現在に至るまで広く活動を行っている。

 

高校演劇 2

2016年9月15日

みなさま、こんにちは!
本日も当ブログをお読みくださいましてありがとうございます!

本日は年に一度の特別企画!?
演劇部出身の当社社員による高校演劇を振り返るシリーズです。

第1回目は コチラをご覧ください。

ではでは、今年の記事をご堪能ください!

みなさん、こんにちは!
技術課の松立です。

「高校演劇」がテーマなので、ちょっと高校時代を思い出してみました。

高校生の自分は目立ちたくて役者志望で演劇部に入部した事を覚えています。
でも、残念ながらセリフが全く覚えられず本番に2ページ近くセリフが抜ける大失敗をして、
役者には向いていないと痛感しました。
その次の公演で裏方に携わり、舞台照明が楽しいものだと感じたのを覚えています。
これが、僕と舞台照明の運命の出会いで高校では部活、
大学ではアマチュア劇団を作って舞台照明に関わりました。
実は、社会人の今もときどきですが、お芝居をしたりしてます。
さらに、お仕事でも丸茂電機に入社して、このように今も舞台照明に関わっています。

さて、話が脱線してしまいました。高校演劇の話に戻します。

高校演劇の照明では、本当に色々なことがありました。
一番印象深いのは、高校2年生の春大会でホールのスタッフさんに猛烈に怒られたことです。
その理由は、
強電パッチ盤のパッチを勝手に変えた
ことでした。
今、現役の学生の皆さんは強電パッチ盤を見たことあるのでしょうか。
強電パッチ盤とは、好きな調光器から好きなコンセントへ調光電源を供給するため組合せ組替え用の盤です。
パッチコードと呼ばれるコードのつなぎ方で、組合せを自由に変えられるのが特徴です。
でも、大電流が流れているので素人が触ってはいけない装置なのです。
当時の僕は、調光器に容量があることも、どれだけの大電流が流れているかも
知らないので、勝手に組合せを変えをしてしまいました。
今思うと、電気は流れたままだったし、素手だったし、電極に触ってたしと危険極まりない状態でした。
幸いなことに、自分に怪我はなく、器具や装置も無事だったので、
本当に運がよかったと思います。
そしてスタッフさんに怒られて本当によかったと、しみじみ思い出します。
更に、そのスタッフさんは、その後すぐに仕込みを手伝ってくださり、
色々教えてくれてすごく助かったことを覚えています。

実は入社して数年後に、この地区大会をしていた思い出のホールの工事を担当しました。
自分が怒られた強電パッチ盤を撤去して、CUEシート片手に悪戦苦闘した操作卓も撤去して
新品の調光操作卓を納入しました。
今、地区大会は違うホールで行っているらしいので高校生に触ってもらえなくて
少し寂しい気持ちがありますが、思い出のホールを工事できてよかったです。

なんだか懐かしい気持ちが満ちてきたので、記事をこれにて結ばせて頂きたいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
そして、高校演劇を頑張っている皆さん、楽しい演劇ライフを満喫してくださいね!

丸茂電機㈱ 技術部技術課 松立

第3回会社説明会

2016年8月25日

みなさん、こんにちは!

朝、晩には秋の空気も感じられるこの頃、いかがお過ごしでしょうか?

当社では、去る6月21日、7月21日にかけて会社説明会が開催され

沢山の学生の皆様にお越しいただきました!

この度、9月8日(木)に第三回の会社説明会を行います。

説明会では当社に興味をお持ちくださった学生のみなさんへゆっくりと時間を使い、

当社の説明をいたします。

当社は決して規模の大きな会社ではありませんが、

100年近く舞台照明を担ってきた歴史と、技術を大切にしながら

その経験を研磨し、新しい表現を追求し続ける舞台芸術の世界に貢献している会社

です。

私達社員も、入社前は学生でした。

入社してから、舞台照明という特殊な業界に必要な知識を学び始め、今に至ります。

規模が大きくない会社であればこその、学びやすさや先輩社員の熱意が伝わりやすい

距離感で出来る仕事の数々。

そのような雰囲気を会社説明会でお伝えできればと思いますし、

ご質問があればお答えしてゆきたいと思います。

皆さんからのお申し込みをお待ちしています!!

会社説明会開催日時:9月8日(木) 14:00~15:30

開催概要:

1.会社概要(どんな業務を行う会社なのか)

2.具体的な仕事内容について

3.質疑応答

※当日は面接も筆記試験も行いません。お気軽にご参加ください!

ご予約はこちら(マイナビページ)よりお願いいたします。

尚、中途採用につきましても随時ご応募受け付けておりますのでこちらの採用情報ページをご覧くださいませ。

カタログVol.36発行いたしました!!

2016年8月22日

みなさま、いつも弊社ブログをお読みくださいましてありがとうございます。

営業部の大竹です。

立秋を過ぎたとはいえ、まだまだ暑い日がつづいておりますね。

みなさま、引き続き塩分、水分こまめに摂りつつ熱中症を防いでまいりたいところです。

あ、屋内外の寒暖差にもご注意くださいね!!

さて、本日は弊社短冊型カタログVol.36 の発刊のお知らせです。

新カタログ36

 

 

 

 

 

 

 

手持ちのスマートフォンでの画像です。見づらくてすみません(>_<)

 

今回の主だった変更についてご案内させていただきます!!

【 Vol.35→36での変更点 】

☆1kW相当LEDスポットライト LSF-805-WW,LSC-805-WW,LSC-810-WWを追加。

☆LEDピンスポットライトの新型更新に伴い、ULP-200型を掲載。

☆星球の販売が在庫限りとなります。

☆フォグマシンをROSCO1700→ROSCO VAPOUR PLUSに変更。

☆ミラーボールに新たにDMX制御型を追加しました。

☆DMX小型調光操作卓EST-10-A-BPとEST-20-A-BP追加。

等となっております。

弊社HPよりご確認いただけますが製本カタログのご用意も十分ございます。

ご入り用の方はお気軽に最寄りの弊社営業所にご用命くださいませ。

ページトップへPage Top